eco-Bubble for shrimp title

eco-Bubble®-5N for shrimp culture

eco-Bubble®-5N,マイクロバブル発生ノズル

5基のDDHRS方式のマイクロバブル発生ノズルが組み込まれています(写真左).この装置を池の底に設置して,ポンプおよびミニコンプレッサー(写真右)を稼働させると,各ノズルから海水中では最大毎分20 Lのマイクロバブルを水中で発生させることができます.

eco-Bubble®-5N set for shrimp farming

eco-Bubble®-5N,ノズルへの水・空気供給部

構成:送水ポンプ(1500W),ミニコンプレッサー(450W x 2基),エアー分配器(2基).送水ポンプは池の水を汲み上げて,マイクロバブル発生ノズルに送ります,ミニコンプレッサーからは,マイクロバブル発生ノズルに加圧した空気を送ります.

エビ養殖池の曝気とその効果

Thai shrimp farm

マイクロバブルを発生させたバナメイエビ養殖池

DO level support by eco-Bubble®

 eco-Bubble®-5NによるDO低下防止効果

実験例)タイ、チャンタブリ県のバナメイエビ養殖池(80 m x 80 m x 1.5 m(深さ)).既存のPuddle wheelsの曝気装置に加えて,「エビ養殖用eco-Bubble®曝気システム」を2セット(総消費電力 3900W)設置しました.(タイ国・カセサート大学水産学部および熊本県立大学環境共生学部との共同研究成果)

実験結果(DOの変化)養殖池のDOは,eco-Bubble®による曝気により,夜間のDO低下が抑制されました.エビの成長に伴って餌使用量が増加する養殖期間の後半になると,eco-Bubble®を設置していないコントロール池ではDOの日最低値が徐々に低下していき、3 mg/Lを下回る状態が発生しました(黒線).これに対して,eco-Bubble®を設置した実験池では,DOの日最低値がエビの飼育に支障が生じるとされるDOレベル(5 mg/L未満)を下回ることはほとんどありませんでした(青線)

   DO level support by eco-Bubble®-growth

実験結果(エビの成長促進):初期密度約44万尾で養殖が開始され,エビ養殖用eco-Bubble®曝気システムを用いてDOの低下を防止した実験池では,飼育開始から82日後に,個体重 20.0 g に到達し,収穫されました(FCR=1.15).一方,同装置を設置していないコントロール池では,飼育開始から82日後には15.1 gにしか成長しておらず,105日後に18.7 gに成長して収穫されました(FCR=1.45).

「エビ養殖用eco-Bubble®曝気システム」を用いて養殖池の溶存酸素濃度の夜間の低下を防止することにより,エビ養殖漁業の生産性を大きく改善することが期待されます.

                                       return button